お風呂のフタ

sanitary

1年前は本当にお風呂の掃除が怖かったんです。

今はもう怖くはありませんが


バスタブをゴシゴシしない生活は、想像以上にラクで使い続けています。


掃除するスポンジも要らなくなったし快適。

バスタブクレンジングを使い始めてすぐの頃。お風呂のフタのゴム部分についていたカビに気付きました。取りたい。でもスポンジはもう捨ててしまっているし、カビキラーしたとしても最終的にはゴシゴシしたい。そもそもフタの淵をくるーっと回っているこのゴム部分いる?

段々掃除するのが面倒になってきて、いっそのこと新しくフタを買おう!と思ったのです。

お風呂のサイズを確認してホームセンターへ行き


抗菌のにしようかな。


こっちにしようかな。

と色々見ながら考えたのですが

新しいのを買うということは、古いのを捨てなくてはいけない事に気付きまして

あれは何ゴミ?普通にプラスチックごみで捨てられるの?それとも大型ごみ?・・・と考えていくうちに億劫になってきまして

これから買う家のモノは、簡単に捨てられるものにしよう!という結論を出しました。

でもお風呂のフタは値段も結構しますし、気持ち的にもパッと捨てられるものではありません。

その上、サイズも大きいので、そのまま捨てても良いものなのか、問題は色々あります。

何か良い方法はないかな~。と店内をウロウロしていたら

あっ!

と気付きました。

そうかそうか、これなら汚れてもすぐに捨てられるしすぐ買い替えられる!

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。