BALMUDA GreenFan C2 サーキュレーター

living.dining

バルミューダのサーキュレーターが便利すぎて、冬も出しっぱなし、春になっても、梅雨に入っても、夏になっても、ずっと部屋に置いてあります。片付けません、仕舞いません、いつでも使えます、すぐ使えます。あぁこれは、扇風機と違ってずっと置いておく家電なんですね。そもそもサーキュレーターの役目って何よ、ってなりますけど、空気を循環させるための家電です。そんなの今までしてなかったんだから要らないじゃない?なくても良くない?と思うでしょうが、いやいやいや、8か月使ってみた結果、これはあったほうがいい家電と認めます。

まずエアコンをつけた時は、サーキュレーターもスイッチオンしてセット使いにします。これによりエアコンの効きが良くなるのです。天井と床の温度差もサーキュレーターで空気をグルグルすることで均一になり、エアコンの負担が減ります。結果、省エネ。エアコンの温度を急激に下げずとも、快適に過ごせて節約まで叶うのです。部屋が暑い時は、窓を開けて室内から外へ空気を送り出します。それからエアコンつけると効率的。

しかもバルミューダのGreenFan C2は、部屋中の空気を循環させながら脱臭もしてくれます。脱臭ですよ。すごい。あと、別売のバッテリーでコードレスとしても使用できますので、梅雨時期のシューズクローゼットも快適です。革靴のカビもありません。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。