水切りラック

いわゆる水切りカゴと呼ばれている、洗ったお皿やお碗を並べるカゴのことですが、シンクの横のスペースに対してカゴのサイズがあってなくて、もっとぴったりできんのか、もっとスッキリできんのか。とずーーっと思ってました。

そんなモヤモヤした気持ちが解決したのは、何年前かも忘れたほど前のこと。くるくる丸める水切りラックの登場で、カゴを使っていたときの倍以上のものが置けて、使わない時も見た目すっきり、晴々とした気持ちになったのでした。

 

ただ、置くだけ。敷くだけ。という単純なラックだけど、フラットゆえ大きな鍋も余裕で置けます。洗ったものを置くのは勿論のこと、調理中のボウルや鍋、ケトルだって一時置場にできます。

 

正面から見たらこんな感じ。両端のシリコンゴムは、滑り止め効果もあるのでガチャガチャと動きません。棒部分はステンレスなので熱々の鍋を置いても大丈夫。カゴより多用途に使えて便利です。

私が使っているのは「たためる水切り ク・ルクル」の大サイズ。

 


シンクの奥行きが58センチなら大。


52センチなら中サイズ。

 

 

水切りカゴ → 食洗機 → 水切りラック その時々で良いと思うものを使ってきました。もしかしたらこの先、また変化があるかもしれないけど、引越しでもしない限りこれを使い続けると思います。でも、くるくる丸めて邪魔にもならないから、引越してもこれ使うかな。それにしてもこれ長持ちです。全然壊れない。

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。