モノが少ないと快適に働ける

stationery

本の中に「快適最小限」という言葉が出てきます。快適最小限。響きがいい。

仕事道具はより少ないほうが快適であった。という文章を読んだ時、私も最小限を試してみたくなりました。会社の机の引き出しから文房具を全部出し、どうしても必要だと思うもの以外すべて排除してみたらそれが本当に快適で、あぁ、これが私の快適最小限なんだ。と想像以上に気持ちが良くなりました。それから数年たった現在も筆記具は3本のみ。快適最小限をキープしています。ちなみに家ではオレンジ色の筆記具を使っていますが、会社では黒。

 


ペンはユニボールシグノ 0.38


シャーペンはグラフ1000 フォープロ 0.3

 

心から満足感に浸れるのは「買う」時ではなく「使っている」時。本の中のこの文章が妙に気持ちよく頭の中に入ってきたのを憶えています。私もね、このペンとシャーペンの良さを毎日実感してるんですよ。快適最小限をお気に入りで構成すると、気持ちが満たされます。

 

 


「トヨタの片付け」にも影響されました。そこに何が入っているのか、どこに収めるのか、誰にでも分かるように片付ける事が大事。というのがストーンと頭に入ってきて、家ならまだしも会社でそんなことができるのか?とちょっと刺激され、コツコツ真似できそうなことからやってみました。今はですね、なんちゃってトヨタ風オフィスになっています。家にも当てはめられること満載です。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。