写真整理②

essay

家の中のゴチャゴチャが気になるのに片付けられないまま、数ヶ月が経過しました。

出来ない私を認めて無理はしないを貫いていましたら、いつまでたっても棚の上のものが片付かないものだから、夫や娘が片付けてくれるようになりました。おかげさまで、そこそこスッキリの空間で生活しています。

気持ち的には、もっとピシッと整えられた空間が希望なのですが、私は何もしていないではないかという気持ちもあるので図々しいことは言うまいと黙っています。でもまぁそんなの当然。何もしてない奴は黙ってろルールです。

ですが、土曜日になると、私1人が家でのんびりゴロゴロしていて、時間はたっぷりあるのに片付けないのもどうかと思うよ的な自分を責めるゲームが始まります。片付けようよー、積み重なっているものを整えて、要らないものは捨てようよー、自分で自分を責め始めます。あぁぁぁぁ苦しぃー。

部屋の中をぐるりと見渡しましたら、棚の上に置いてあるカレンダーが目に止まりました。それは夫が買った3年使えるカレンダーでして2019~2021年まで使えるものです。だから捨てなくてもいんだけど、見ていると辛くなってくるので捨てることにしました。

 

今日は何月?今日は何日?今日は何曜日?まだ帰れないの?いつになったら家に戻れるの?ねぇ、どうして?

脳出血を起こして入院していた初期の頃、毎日同じことを夫に質問しては、忘れるのでまた聞くという繰り返しの結果、夫が買ってきたカレンダーです。

毎日お見舞いに来てくれる夫に、明日も仕事なの?何の仕事してるの?毎日働いてるの?どうして帰らないといけないの?としつこく聞いていました。困った夫は、仕事があるから仕方がないんよごめんね。でも日曜日は朝から来るからね。これからはカレンダーに毎日×していって。そしたら日付もわかるでしょ。と優しく言ってくれました。でも私にはわからない。わからないっ!なんで私を置いて帰るのー?ねぇなんでー?というカレンダーなのですよ。あー、つら。

そして8/26リハビリ専門の病院へ転院しました。入院生活何日目という数字をつけていましたので、数字も新しくしてカウントスタートです。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。