放り込むだけ書類BOX

stationery

重要書類から契約書、源泉徴収に学校関係。なんでこんなに保管すべき紙があるのだ。(怒ってます) でも捨てるわけにもいかないので、(渋々) 穴を開けてファイリングしていました。しかしそのうち、穴が破ける → 外れる → 順番がぐちゃぐちゃになる → 嫌になる 他、様々なパターンが展開していくのですが、結局最後はいつも同じ、嫌になる。つまりまとめると、私にとって書類の管理は面倒くさい雑用でした。

 

本の中でXフレームのページを見た時、ピンときました。これを参考に書類ボックスを作ってみたらどうかと。放り込むだけなら簡単だし、入れるだけで整理完了は実に魅力的。で、作ってみたんです。「放り込むだけ書類保管BOX」

 

まず、フラップ付のクリヤーホルダーを用意。

 

ホルダーを使うのは、入れるだけでいいから。フラップ付のホルダーを使うのは、細々としたものを入れても飛び出さないから。具体的にはレシートなど、小さなものも抜け落ちることがありません。

 

 

それからリヒトラブのハンキングフォルダー。


コクヨの個別ホルダーも試してみたけど、無印良品 ポリプロピレンファイルボックス と相性が良かったのはハンキングタイプの方でした。

 

 

これが完成形。見出しのタイトルは、生活に変化があるたび追加したり、変更したり、差し替えたり、処分したり、家計の見直しも、保険の確認も、その他契約内容も、知りたいことがすぐ分かる、さっと出して、パッと見て、サクッと戻せる。ついでに加えると、あれどこ?あの契約どーなってる?という家族からの問いも、もうありません。

 

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。