備蓄食料

kitchen

もっわぁーと湯気が出ています。これはコープの五目おこわ。非常食用に購入しているレトルトパックのご飯です。レンチン2分でもっちり食感が味わえます。うちにはレンジがないのでせいろで蒸す方式ですが、多分というか、ほぼ絶対、蒸したほうが美味しい。備蓄用といってストックしているけど、本当はお弁当を作るのがめんどくさい時用です。お弁当作りから解放され喜ぶ人、おこわが大好きで喜ぶ人、立場は違えど皆ハッピー。

非常食の定番といえば、真っ先に思い浮かぶのがレトルトカレーやインスタントラーメン。次から次へと新しいものが出るので、ついチェックしてしまいます。でも私は普段レトルトカレーを食べないし、カップラーメンもほとんど買わないので、備蓄庫の中にその類はあまり入っていません。たまーに食べるとすごく美味しく感じるけど、すぐ飽きるので本当にたまにだけ。その点、お米は毎日食べても飽きません。夜はちょっと控えているけど、チャンジャなんかあった日には食べすぎ注意っていうぐらいモリモリ食べます。だから備蓄はお米がメイン。

 


この記事にも写真を載せているけど、土鍋でも羽釜でもご飯は炊けます。私の考える究極の美味しい非常食は炊きたてご飯。

ご飯のお供にストックしているのは、お茶漬け海苔(単純にお茶漬け用)韓国海苔とごま油(キンパも出来るしそのまま食べても美味しい)五目ちらしの素と味付けいなり(おいなりさん)ごはんですよのミニパック、鮭瓶(そのまま食べて良し、おむすびや雑炊も良し)お味噌汁に各種スープ(和洋中バリエーション多し)パエリアの素(カレーにもあいます)和風出汁に麺つゆ他(味付け無限大)というように、普段食べているものをそのまま非常食と考えて備蓄しています。それにあわせてシーチキンや海草サラダなど、定食にもなるような日持ちする缶詰や乾物も。

 


経験はしたくないけど、もし非常事態が起きたら、ストックしている貴重なお水でお米を研ぐのはもったいないです。それに加え、ただでさえ普段からお米を研ぐのが面倒だと感じているのに、そんな精神的にも体力的にも疲れた状態でお米なんて研ぎたくないし!と、それらしき理由を並べていますが、要は、私はお米を研ぐというアクションを省きたいのです。もうこれからの私は「しないことを増やす」が重要なキーワード。しなければいけないをどんどん減らしている最中なので、してもいいけどしないスタンスで無洗米を選びます。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。