髪の毛トリトリEasyネット

sanitary

初めての1人暮らしは私が20代になってすぐの頃でした。慣れない3点ユニットバス(お風呂+洗面台+トイレが一体)が少々残念だったものの、新築のピッカピカは不満をも超える気持ち良さ。ところが1年もたたずして、高い家賃を払うのが嫌になり、もう結婚してしまおう!とそのマンションを出たのですが、待てど暮らせど敷金は戻ってこない。新築で入ったわけだし、ほとんど汚れていないし、幾らかは返ってくるでしょう。なのに音沙汰無しですよ。痺れを切らして不動産に確認したらオーナーから電話が入りまして、「洗面とお風呂の排水修理にすごくお金かかったので返金するお金はないよプンプン」と叱られたのです。はぁ?修理って何よ。しつこい私は何がどうしてどうなったのか詳しく聞きました。すると、「あなた、排水口に髪の毛を流してたでしょ。日常的に流してたでしょ。そんな事したらどうなるか分かってる?詰まるんですよ。洗面台も浴槽も、髪の毛は流したらダメなんですよ!ガミガミ」

若かりし頃の私は、今よりもずぅーーっと無知でした。髪の毛は全部、お湯と一緒に流れていくと思っていたのです。敷金は勉強代として消えていきました。

それからというもの、お風呂の排水口には気を使いました。でも気をつけていても髪の毛は抜けていく。たまに1~2本ぐらいなら、まぁいいか、とジャーーッと流して見送ったり。って流してるじゃん!シールとかネットとか色々使ってみたんですけどね。それでもヤツらは通過していくんです。排水溝の奥底にはどんどん髪の毛が溜まっていきます。あぁぁ!めんどくさい!もう嫌!ほんと嫌!そして放置。もう見ません。見ても私には見えません。

という黒歴史がありました。今は気持ちよーーく流しています。流してもいいんです。それがイージーネット。スーパーeasy♥

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA