iRobot Braava

housework

フロア用のクイックルワイパーを、ベッドの下やクローゼットの中に滑り込ませ、すーいすーい。ギャッ!こんなにホコリが溜まってる!端から端までホコリを集め、掃除というより獲物の捕獲。を廊下から各部屋へと続けます。でもねぇ、正直こんなこと、気持ちと時間に余裕がないと、毎日どころか3日に1度すら出来ません。

そのうち、ホコリが見えないから良いだろう的な気持ちになり、目に余るほどホコリが溜まればようやくクイックルするみたいな、そんな日々でした。というか、私にしかこのホコリは見えないのか?他の家族には見えないのか?みんなは気にならないのか?クイックルここに掛けてますけど?すぐ掃除できますけど?

という悶々とした気持ちもですね、家族から掃除しなよと言われるわけでもなし、段々とどうでも良くなっていくわけです。でも自分の許されるホコリ量が超えた瞬間、掃除せんといかん、今日こそクイックルせんといかん、となるわけです。でもやり始めたら、ポイント獲得したみたいにホコリ集めが楽しくなり、延々とやってしまう。何なのこれ。

結局のところ、ホコリが出やすい場所は、毎日しないにしても、短い間隔で掃除したほうがいいんです。その方が気持ちがいいし、やらなくちゃという気分にならなくてすむ。そうして2015年、アイロボット ブラーバ380j を買いました。おかげで、いつもほどよくキレイ。

 

 

寝室は特にホコリが出る場所です。寝ている間にゆっくり時間をかけて床に落ちるので、朝起きて窓を開ける前にブラーバしてます。布団が何枚もある季節はホコリの量は多く、真夏には減るけど、タオルケットや綿毛布1枚でも確実に現れます。

 

でもホコリの出にくいシーツや枕カバーを選べば、なくならないけど量は減る。量が減れば、毎日掃除しなくていい。でも、してもいい。

まずはレンタルしてどんなものか試してみるのもいいですね。


楽天のお店で6泊7日レンタルできます。

 

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。