想定外だらけの旅

go out

ブオンジョルノ。

イタリアから戻って参りました。

今回の旅は、いつものように事前の調査をきっちりと!というわけではなく、泊まる場所さえ押さえておけばいいだろう的な、なんとなくの旅でした。これが良くも悪くも想定外だらけで、インパクト大の思い出と経験になったのは言うまでもありません。

飛行機はアリタリアの直行便を選びました。AMEXのポイントを使ったので、支払額は1人48,000円(往復)4人分なので実質2人はタダ乗りになりました。宿泊先は、ミラノ→フィレンツェ→ヴェネツィア→ミラノで、全てAirbnb手配。1人1日4,200円で8泊。イタリア内の移動交通費を入れても1人10万円台で行けたことになります。

朝はバールでカプチーノとクロワッサン、お昼は屋台やトラットリア、夜はスーパーで買ったものを家で調理したり、立ち飲みバーやリストランテ、それはそれはもう至福の時!の予定だったのに、イタリア語が分からねえ、メニューも読めねぇ、英語も通じねぇ、AMEX使えねぇ、問題ありすぎだろ。な毎日。だけどそれが面白い。

毎朝バールへ行けば、おのずとイタリア語を喋らなければいけない。ジェラート屋に入れば、カップかコーンか、サイズは小さいのか大きいのか、種類はこれとあれで・・・と当然だけどイタリア語です。小さなお店は英語なんて通じません。

日本でも英語を喋れないお店の人が多いのと同じで、イタリアもそうでした。そこをなんとか必死に伝えて分かってもらった時のあの安堵感と達成感は、テストで高得点もらえた時よりもはるかに嬉しいわけです。でも少しはイタリア語も覚えました。発音が違おうが、使い方を間違っていようが、現地の言葉を使ってみる。それが大事。

それにしても、外国あるあるですが、日曜日がお休みのお店の多いこと。散々歩いて到着したのに閉まってることもしばしばで、絶望の二文字を何度も体験しました。日本はすごいです。便利だけどやっぱり働きすぎなのかもしれません。

地下鉄に乗っていた時、スリにも遭遇しました。女2人組に夫が挟まれ、パンツのポケットを探られたのです。ところが、そのポケットはものすごーーーーく深く、なかなか物が掴めない。そうこうしているうちに夫も気付き、未遂に終わったわけですが、やっぱりね、ジャッポネーゼが4人いても、夫だけターゲットにされるのですよ。相手にも分かるんですよ。

 

ビアレッティのお店でカプチーノカップを買いました。ソーサーもついていたけど、使わないので処分して帰国。以前の私ならそんなのモッタイナイ!と無理矢理にでも持ち帰っただろうけど、やっぱり正解。持って帰っても使わなかったし要らなかった。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 10 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. るる

    ぼんじょるのー!

    おかえりー\(^o^)/

    だんなさまのpicのおかげで、わたしもイタリア料理を楽しんだ気になれた!どうもありがとうございます!

    とにかく無事に帰ってきてくれて何よりだわ。

    • life-lablife-lab

      旦那くんはご飯ばかり写真を撮っていたけれど、家族の誰よりも一番お買物を楽しんでいました。しかも1ユーロ=約100円でしょって計算するもんだから請求くるころは号泣すると思うよ。
      居なかった間のまんぷくを全部観て、3年A組も観て、みかづきも観て、時差ぼけより寝不足。

  2. gulu

    おかえり〜!
    美味しそうなのたくさん食べてたね^^
    今回の行き先はどうやって決めたのかな?
    それにしてもさすがスリの街と言われるだけあるんだね。
    女の人が旦那さんをマークするって!
    ターゲットはどうやって決めるのか気になるわ。
    何事もなくて良かったです。
    万全の体制で挑んでたもんね。

    カーテンってシートのほうじゃないやつ処分したの?
    旅行行くと何もかも要らなくなるの、あれなんでかね。笑
    私もいつもその病に侵されて旅行帰りはすっからかんにしたくなる。
    そして少し時間が経てばそんなことも忘れてものが増える。
    その繰り返し。
    忘れないように3ヶ月に一度は一週間ほど度に出たい。

    • life-lablife-lab

      食べ物にハズレはなかった。大満足。
      息子と娘がイタリア希望して夫がそれに乗っかって
      私はローマとナポリ以外が良かったのでそのコースに。
      地下鉄の犯人は中年女性2人組でした。普通の人にしか見えないけど
      追い払ってもしれーっとしてたよ。すごいよね。

      昨日ね、使わないカップやお弁当箱、ペンキの一斗缶とか、その他諸々、ガーッと集めて処分した。
      ほんと旅行後のこの心理って何なんだろうね。
      捨てたカーテンはね、シート貼った窓につけてた布カーテン。
      とりあえず4枚捨ててみた。レールも外して捨ててやった。
      違和感もないし他の部屋のカーテンもそのうち消えそうな気がするよ。
      3ヶ月に1度いいねー。そちらへ行った際にはおうち訪問してみたい。
      刺激受けたい。

  3. マチコ

    かにさん、おかえりー♪
    本当にイタリア行ってたのね!
    さらっとお知らせ?してたから、本当に行くのかしら?
    なんて、実感しないまま過ごしてたけど、本当に行ってたんだー。笑
    旅はいいね~。私も、旅行に行きたい!guluさんの言うように3カ月ごとに旅に出たいわ。
    3カ月おきにバリへ行くぞー!なんて目標たててたけど、いろんな国にも行きたいわ。
    イタリアはいつか訪れたいところ。おいしいものたらふく食べたい。

    • life-lablife-lab

      すでに日常を取り戻しているけど行ってきました。
      次はいつどこへ行こうかな。
      年に4回とは言わないけど、2回、せめて1回は行きたいな。
      マチコさんは長らく行ってやっと帰ってきたんだから
      日本の良さを痛感してるところでしょ。
      でもすぐ慣れてしまうもんね。そろそろ脱出したくなってるかな。
      私、またイタリア行きたい。すごく良かったよ。おすすめ。
      でも、インドネシアに比べると物価は高い。

  4. どんぐりん

    あれまぁ ホントにイタリアだったんだ!
    いいねぇ おいしいもの食べて飲んで
    カニさんファミリーらしい旅だねー
    私も どこか行きたくなってきた。

    旅からもどると ものを捨てたくなるの?
    カーテンレールはいいね スッキリしそう(笑)

    • life-lablife-lab

      どんぐりんさんは、なんだかんだ色々行ってるよね。
      あっちこっち。しかも元気に。
      帰ってきたら家の片付けしたくならない?
      ホテルに泊まると、ものすごいスッキリ空間だから
      そういうところで時間を過ごしていると
      家に戻るとゴチャゴチャして見えて目が疲れるというか。
      カーテンレール外したらすんごいスッキリしたよ。

  5. ゆずび

    ボンジョルノ~** おかえりなさい。
    綺麗な景色に美味な食べ物。毎回すんごい楽しませてもらったよ。

    でも今日のストーリーを読んで、ビックリすることばかり。きっと息子ちゃんのガイドで行ったのかなあ、ツアーではないな、とか思いつつ
    こんなに安価で行けて、満喫できるって、カニさん、ホント尊敬。
    最後の晩餐は大塚美術館絵で陶板画を見て感激をしたけれど、実物はそんなもんじゃないんでしょうね。
    歴史ある建造物や、会話やおまけにすり未遂?!
    いやあ、カニ家の子どもになりたいと本気で思ったわ。

    • life-lablife-lab

      今回の行き先で息子が行ったことのあるのはフィレンツェだけだったので、ガイドというよりあの人は通訳担当でした。
      ツアーは日程も行き先も金額も、なかなか条件にあわないんだよねぇ。せっかく行くなら行きたい場所で食べたいものを食べて、何の制限もない旅行にしたいしね。
      最後の晩餐は、ひたすら、時間の許す限り直視した。なんか次元の違う空気だったよ。
      ゆずびさんと旅行したらどんな旅になるか想像してみた。
      ぷっ、面白そう。絶対面白い。