公的保障

money

夫婦で入っている生命保険は、保険期間10年の定期死亡保険です。死亡保険金は夫3000万、妻1000万。加入当時は子供たちが小さかったこともあり、将来的に必要なお金を確実に貯めなくては!と、2人あわせて月々7000円弱の掛け捨てを選択しました。

 

 

その保険が来年満期を迎えます。

10年もすれば家庭環境も変わり、息子は社会人、娘は高校生、住宅ローンも減り、生活費も下がりました。来年の保険期間満了前には、娘が進学するか就職するかも確定しているので、保険金を増やすか減らすかそのままにするかも、悩まず決められそう。

少し前、万が一の事が起きた時に受けられる公的な保障を調べてみました。今までは、誕生月に年金を確認するぐらいだったので、こんなの知らなかった!というのも幾つかあり、ハッキリしたことでモヤモヤも解消。

以下、まとめてみました。

 

医療費

健康保険の高額療養費制度。

支払額は最大9万+α

息子が虫垂炎で手術した時、すぐに「限度額適用認定証」を取得しました。

先に申請しておけば、用意するお金が少なくてすむのでとても助かりました。

 

病気やケガで仕事に行けなくなったら

健康保険から傷病手当金

夫は9000円台、私は6000円台。

1年半、貰えます。これなら生活防衛費も減らせそう。

 

在籍中に死んだら

会社から死亡弔慰金

私が死んだら夫へ400万。夫の会社はなし。

健康保険からは埋葬費

夫が死んだら5万、私が死んだら10万。

 

退職したら

退職金。死んでも出ます。

夫の会社は、金額は曖昧。

私の場合は今、自己都合で辞めて200万

 

失業したら

雇用保険から失業給付

自己都合計算で夫85万、私66万。

ここはちょっと、モヤッと適当。

 

配偶者が死んだら

遺族厚生年金。

夫が死んだら私が64歳になるまで月9~10万。

私が死んでも夫にはなし(55歳以上ならあり)可哀想。

 

65歳になったら

厚生年金。夫15万、私は14万+企業年金

加えてiDeCoもあり。

 

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA