BALMUDA The GreenFan

living.dining

豪雨に台風に猛暑にと、異常気象も異常と感じなくなるほど、想定外が想定内になってしまった。もはや何が起きてもおかしくないということです。この夏も連日のように熱中症患者の数が報道され、命を守るため、屋内でも冷房をつけましょうと、散々ニュースでも伝えられているのに、ポストに停電のお知らせが入っていました。電柱工事をするから深夜の3時間電気止めますって、はぁ?バカじゃないの?

熱帯夜にエアコンも扇風機も使えない状況。工事決めた人は鬼ですね。何もこの季節にしなくたっていいでしょう。想像するだけでグッタリですよ。しかもですね、家電の予期せぬ故障を防ぐため、停電開始前にはコンセントを抜いておきましょうって、ご案内の中に書いてありました。寝る前に家中のコンセントを抜き、もしくはブレーカーを落とし、風もない夜に、クーラーをつけず、扇風機もまわさず、朝まで寝ろと?

寝れるかーい!

で、結局ですね、ブレーカーなんて落としませんよ。エアコンつけっぱなしで寝ましたよ。夏のお決まりアイスノンもセットしてね。そのうちバチッと音がして停電になりました。1時半のことです。それから段々と部屋の温度がモワモワ上がってきて、あぁぁ寝苦しい。でも外よりまだ涼しいから窓は開けられない。たった数時間でも、暑いのはしんどいですね。ましてやこれが日中ならばもう地獄。

 

所変わって2014年の夏、バルミューダの扇風機を買いました。それまで夏の間は、愛犬の為に1日中扇風機をつけっぱなしにしていたので、電気代がかからないグリーンファンに魅力を感じたのです。専用オプションのBattery&Dock(バッテリー&ドック)もあわせて買いました。(むしろこれを買わずしてグリーンファンを買う意味などあるのか?と思えるほどバッテリーは必要です)これを使うと充電式コードレス扇風機になります。コンセントの抜き差し不要で扇風機を動かせます。わずかな動作ではあるものの、それに慣れてしまうともうめんどくさくてやってられません。掃除機と一緒で、人間の移動にあわせてコンセントを挿して抜いてまた挿してなど、面倒極まりない。と感じると同時に慣れって怖い。でも、食事をする時はダイニングへ、TVを観る時はリビングへ、パソコンする時は机の横へと、ただ扇風機を持ち上げて移動できるのは超絶ラクです。寝る時も、そよ風のような優しい風は、足や体に当たり続けても痛くならない。そんなこんなでバルミューダの扇風機は今や3台にまで増えてしまいました。

 

 

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA