お葬式用パンプス

葬儀や法事といった弔事の場で注意したいのが足元。バッグと一緒で革はNGと知った時、今時そんなの守ってる人いるの?と疑いました。実際、身内の葬儀へ行ってみたら

それ革じゃん!

いとこが革のパンプス履いていたんですよ。革がNGと知らないのか、革以外の黒パンプスを持っていないかのどちらかなんでしょうが、周りを観察していた私も革靴だったし、そこまで気にしなくてもいんじゃないの?って思いました。

殺生が連想されるスエードやアニマル柄などがNGなのは分かります。だけど黒の本革もダメって言われてもねぇ。

でもふと思ったんですよ。

身内の場合は良くても、会社関係で弔事の場へ行くことになったら?自分の会社や取引先、夫の職場でお付き合いのある方とか、堂々と革のパンプスを履いて行ける?と自問自答してみたら

用意しておけば良かった。と思うでしょうね。

準備しておけば良かった。と絶対に思うでしょうね。

革靴じゃないんだから値段も高くないだろうし、買っておくことにしました。

調べてみると、つま先の形、中敷きの色、ヒールの高さや太さ、色々とルールがあるんですね。


そこで形のキレイなコレ買いました。


実物もキレイです。


ヒールも安定の太さ。


つま先も丸みを帯びていて合格。


全体のバランスもいいし


中敷きのクッションも心地良いです。


特別な時にしか履かないので、収納場所は下駄箱ではなく


フォーマルグッズセットと一緒に、引き出しに入れました。

 


私の足のサイズは23㎝なんですが、SだときつかったのでMサイズにしました。

履いた感じとしては、安定感があって歩きやすいし

歩いていてカツカツと音も鳴りません。

形も良いし布のチープさもなし。

弔事用パンプスとして

合格です!

これにて特集終了です。

全部揃ったのでもう何も怖くはありません。

準備は安心。安心はゆとり。気持ちも穏やかです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA