アリメツ

housework

理想的殺蟻剤。蟻よさらば。アリよさらば。

いささか穏やかではない漢字が印字されていますが、私は黒くて動くものに対して非常に激しい嫌悪感を抱いておりますので、これぐらいの迫力があったほうが信頼できますし安心できます。理想的殺蟻剤ですから、おおよその人の理想を叶えてくれる蟻退治でなければいけません。ちなみに私の理想は、手間も時間もかけず、蟻が侵入してこないようにしてほしい。蟻よさらば。E.YAZAWAです。きっとアリを退治したいと思っている人はたくさんいます。でも刺されるわけでもないし、アリの巣コロリ買っても効果ないしね。まあ見ていて気持ちよいものではないけど、結局何を買っても一緒でしょ。と思っている人がいるならば、是非!理想的殺蟻剤を試してみてほしい!

 

箱から抱くイメージとは裏腹に、優しい色合いのボトルが出てきます。箱同様、ぶっ倒れたアリの絵はついていますが雰囲気は穏やか。

 

付属のトレイをアリがよく通る場所に置いたら、アリメツをくぼみ部分にたっぷりと入れます。

 

私は台所の窓付近でよく見かけるので、アリメツが直射日光に当たらないよう、陰を作ってからアリメツを仕掛けました。それから30分。

いるわいるわ、ウジャウジャと。たった30分でよくこんだけ集まったね。と褒めてあげたくなるほど次から次へとやってきます。きれいに整列して吸いまくるアリ達を見ていると洗濯槽クリーナーのことを思い出しました。あれと同じぐらい夢中になって、ずっーと見ていられます。甘くて美味しいでしょ。だけどごめんね。それ毒なんだ。24時間以内に死ぬんだって。巣に帰ったらみんな全滅の道なんだって。

そんなことはつゆ知らず、蟻はとにかく夢中です。どれぐらい集まってきたのか実物を見せたいところだけど、その光景は気持ち悪くて写真なんて撮れません。だからイメージ画像を作ってみました。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。