毎月第一日曜日はアレッツォ

go out

イタリア旅行の日程は、アレッツオの骨董市開催日にあわせて組みました。fiera antiquaria のHPによると、この骨董市は「イタリアで最も古くて最も大きいアンティークマーケット」と紹介されています。どんなお宝に出合えのるか、ワクワクが止まらないまま当日の朝を迎えました。

フィレンツェからアレッツォまでは、トレニタリア(列車)で約1時間です。

 

チケットを買ったら、列車に乗る前に自動検札機に入れて打刻します。これを忘れると罰金を取られるようです。列車に乗ってしばらくしたら、乗務員がチェックしにやって来ました。打刻しているから大丈夫なのに、チケットを渡す夫の顔は緊張で硬くなっています。(僕は英語もイタリア語も喋れません。なんなら日本語も苦手です。どうか話しかけないでください。お願いっ!)テレパシーが伝わったのか、乗務員は無表情で去っていきました。

 

 

アレッツオに到着。道にも広場にも、たくさんテントが張られています。お店のジャンルは様々で、家具・アクセサリー・工具・パーツ・本・生活雑貨なんでもあり。テンション上がるー。

 

 

突如現る赤ちゃん。雨は降っているし、こういうの好きだし、非常に気になるものの、これが商品なのか、ディスプレイなのかは分かりません。なぜなら、まわりに誰もいないから。

 

 

味気ない外壁にウォールポケットプランター。これ素敵。ラフな感じも好き。調べてみたら、プランターポケット、プランターバッグ、布プランター、色々な名前で売られているんですね。

 


しかも安い。

 

 

朝早いからか雨だからか、人はまだらだったけど、バイヤーっぽい人は何人か見掛けました。でもこのマーケットは、毎月第一日曜日とその前日に開催されるので、土曜日に行ったほうが良かったのかもしれません。

結局、私はお宝を見つけられませんでした。まぁでも、こういうのは縁なので、出合うときは出合うし、出合わなかったのも運命。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。